局面により狭くなることも|最近人気の株取引学校について役立つ情報をピックアップ
メンズ

最近人気の株取引学校について役立つ情報をピックアップ

局面により狭くなることも

男性

そもそもスプレッドとは何かという話ですが、売値と買値の値幅のことで、「広い」「狭い」で表現されます。そして、ご存知のとおり、スプレッドが広ければ証券会社に支払う金額が高く、狭ければ安いことを意味します。海外fxの場合、変動制のスプレッドを敷いているケースが多いため、固定制が主流の国内fxとの比較が単純にはできません。ただし、海外fxでは平均スプレッドというものが公開されており、fx業者を選択する際の大きな目安となります。一般的に、海外勢は国内勢よりもスプレッド手数料が高いとされてきましたが、最近では近いレベルの業者も現れてきました。レバレッジや約定力の高さが魅力の海外fx業者ですから、その中でもスプレッドが狭い業者をチェックすることは大きなメリットとなるでしょう。

前述のとおり、海外fx勢は変動スプレッド制を活用していることが多く、固定制をメインとする国内勢とは少し事情が異なります。変動スプレッド制の特徴は、取引が活発になる時間帯になればなるほど、スプレッドは狭くなり、取引が少ない時間帯には広くなる点にあります。一方、国内勢に多い固定制では全く逆の状況となり、通常取引でのスプレッドは狭いものの、取引が活発になると広くなる傾向が見られます。そして、特に、毎月第1週の金曜日に発表される米国雇用統計に代表されるような、取引が激しいタイミングでは、その特徴が顕著に現れます。取引が多い時間帯に関しては、海外fxの方が安いコストで取引ができる可能性があることを理解しておきましょう。